おはようございます! 今9:30(メルマガを書き始めた時間)
 
 車のタイヤに空気を入れようとしたがやり方がわからなくて
 朝からてこずってきた、木戸一敏です。
 
 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本日のテーマ :100均ショップある文具でトップ営業のきっかけを作る!

 【Q】一生懸命、お客様に対応しているのに契約にならないのはなぜ?

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このタイヤの話は
セルフスタンドでのことで

ちょうど店員がいなくて
空気入れ機の使い方を聞けなかったんですけど
適当にいじっていたら
なんとかできました(^^)v

———————————————————————–

【Q】一生懸命、お客様に対応しているのに契約にならないのはなぜ?

【A】その一生懸命やるところを、ちょっと変えるといいです。

 

 

●昨日は朝から晩まで
ずっと電話相談。

充実した一日でした(^^

その中で
保険営業マンのKさんから
大きい契約が取れた報告がありました。

話しを伺っていると
それは偶然の契約ではなく
Kさんがやり方を変えた成果だというのが
よくわかりました。

偶然の契約ではなく
必然の契約にしていきたいですからね。

 

 

●それまでのKさんは
一生懸命、お客様に対応しているのに
なかなか契約にならず
悩んでいました。

「なぜこんなに一生懸命やっているに…」

こんなときは
その一生懸命が空回りしてる状態のとき。

じゃ、どうすればいいか?

ズバリ今、一生懸命やっているとことを
ちょっと【変えてみる】んです。

その変えるところは
ここです↓

「伝えること」より
「聞くこと」を一生懸命やる。

一生懸命が空回りしてる人の多くは
「伝えること」に一生懸命なんでです。

それを
「聞くこと」にする!

 

 

●ところが
「聞くこと」一生懸命にやろうとしても
いざ、お客さんと会うと
つい「伝えること」に一生懸命になってしまう。

この問題をKさんは
見事に解決しました。

どうやって??

それは【ノートを開くこと】です。

お客さんと商談をするときは
必ずノートを開く。

特に書くことがなかったとしても。

 

●そうすることで…

・お客さんが何を求めているか見えてくる

・お客さんの商品への理解度がわかってくる

今まで一方的だった商談が
ノート開いて
お客さんが言ったことを記録することで
双方向になるんです。

さらには
「この人は真剣に聞いてくれる」
とお客さんに思われるようになります。

今年、Kさんは
トップ営業マンになること
間違いなしですね!

Kさん!

次の報告楽しみにしてますね(^0^)/

ありがとう!

 

▼今日の「みとめ」チェックポイント

『相手の話しを書きとめてみよう』

 

 

小心者専門のアプローチ法があったとしたら?

30日以内で訪問件数を3分の1に減らして
アポを3倍にする営業トークを公開中!